インフォメーション

名鉄グループ・群馬大学・NTTデータと共に自動運転バス実証実験に参加

2019.04.15

株式会社SFMは、名古屋鉄道グループ・群馬大学・NTTデータらと協力し、愛知県内での自動運転バスの実証実験に参画・協力いたしました。

実証実験期間:2019年4月8日~12日

実験準備期間:約3ヶ月

当実験は、愛知県内では初となる公道におけるバスの自動運転の実証実験で、尾張旭駅~愛知医科大学病院間(4.5km)で行われました。当社は、同実験の一貫として「乗車時顔認証システム」の実証実験に、弊社の顔認証エンジン及び実験用機材を提供し、技術協力を行いました。

バス内での顔認証は、太陽光や天候の変化等による影響下にあり、屋外に準ずる極めて厳しい条件下における実戦的なレベルのものですが、運転士不足及び利用者の高齢化に伴い、手ぶらで迅速な本人確認の必要な社会を先取りする、先進的な取り組みの一例です。

busbus2