SFMの理念・技術

世界から評価される技術[絶え間ない革新]

顔認証技術の評価において世界で最も権威のあるNIST(米国立標準技術研究所)主催のコンテストに私たちが初めて応募したのは2012年のことです。

当時は、独自開発エンジンの製品化が不十分でしたが、私たちの技術の大きな特徴の一つである認識の速度はすでに世界トップクラスの水準にありました。

私たちは、5年先の技術開発を目指し絶え間ない革新を続けてまいりました。NISTが行っている最新のコンテストにおいては、速度及び精度の両面においてトップクラス入りを果たすものと確信しています。さらに、私たちの驚異的な技術進歩は、数年後私たちに圧倒的世界NO.1の称号をもたらすでしょう。

特に速度については、様々な正規のプロセスを経た上で、認識から照合に至るまでの時間を圧倒的に短縮し他の追随を許しません。駅の改札やコンサート会場など人混みの中でスムーズな運営が求められる場面においては強力な武器となるでしょう。

その技術水準の高さを評価していただいた一例として、世界200以上の国際空港の安全な運航と施設管理能力の向上を目指す世界最大の民間団体であるSITAより、私たちは空港監視システムのごく限られた指定納入業者の内の1社に選ばれました。このようにヨーロッパなど特に安全対策が急務な地域においては、高度セキュリティ分野におけるスタンダード企業としての知名度が急速に定着しつつあります。

巷ではAIを研究対象とする企業が溢れかえっています。しかしながら、その技術水準を測る基準はまだ確立されていません。それは企業の規模の大小でもなく、ましてその時々の政治的なバランスが左右すること、自己本位的なものが紛れ込むようなことは決してあってはなりません。

私たちは世界が納得し妥当と思う客観的で圧倒的な世界最高水準の技術を持つために改革を重ねており、実際に世界から評価され始めているのです。